ムチムチな体がエロい婚活女子と味わうセックスの醍醐味

ムチムチな体がエロい婚活女子

私には、毎週セックスをしている婚活女子(26歳以下A)がいるのですがこれが本当にエロい体をしていて何回抱いても飽きないほどの女なのです。

全体的にむっちりした肉づきのいい体つきでおっぱいもお尻も太股も最高にエロいんです。

普通のセックスでは満足できなくなったらしく、ピュアアイの婚活パーティーでセフレ募集しているところに私が立候補して今の関係が出来ているんです。

結婚相手とセフレは別。と分けて考えるタイプの彼女ですから、この関係が成り立つのでしょう。

ムチムチボディがエロいAとのセックス

ムチムチボディ セックス

アラサー女子ではあるのですが、セフレが何人かいるようでした。

しかしAのセフレは結構淡泊な方であまりあまりセックスもしないし、セックスをしてもチンポが小さいからあまり満足できないんだとか。

だから、そういう状況もあって私の太いチンポがすっかりお気に入りになったそのムチムチなAは毎度毎度セックスの時にセフレと比較するようなことを言うのが本当に刺激的でエロく感じられるんです。

「セフレの小さいのじゃだめぇ、あなたの太いチンポがいいのぉ」とか「あなたの物になりますー!」というような感じでセックスのだいご味を存分に味あわせてくれます。

むっちりボディで男に尽くす淫乱

そのAがまたセックス大好きな女で、マンコにハメられるのも勿論好きなのですが、フェラチオにパイズリに手コキにと、とにかく男のチンポをいじくるのが大好きな根っからのドスケベ女なんですね。

アラサーを意識してから、更にその性欲は増大したらしく、チンポに対する執着心は本当に発情期の動物並みで、毎度毎度精子がからっぽになるまでヌかれまくっているんです。

だけど、そのおかげで全然性欲が溜まりすぎて欲求不満になることはないし、何よりあのむっちりした体を好き放題に味わうことができるのだから自分は何の不満もありません。

これからも、淡泊な旦セフレにこっそりと隠れつつたっぷりとセックスを楽しませてもらい、セックスを謳歌させてもらおうと思います。

やっぱり、男にチンポとセックスは必要だな、と毎度毎度再確認できますね。

今回であったAとはピュアアイ(pure-i)の婚活パーティーで出会いました。ピュアアイ婚活パーティーのまとめ記事は以下↓

ピュアアイ パーティー

世の中いろいろな女性がいるものですね。

大学時代の興奮する日曜に潜むエッチな体験談

宅飲み セックス

AVのようなシチュエーションというのも、確かにあこがれはするのですが実際に体験するとなると、やっぱり日常の中にあるエッチな体験談になる方がよっぽど刺激的ですよね。

日常の中にある、ちょっとエッチな事というのが結局一番思い出に残りますし、生々しさや臨場感という物がより妄想を掻き立ててくれると思います。

日常の中にあるエッチな体験談

私が経験した、エッチな体験は本当に何気ない日常の中にあったのですがだからこそ、そのエッチな経験がより異質というか光っている感じがして今も忘れない思い出になっています。

まだ、当時私は大学生だったのですが、仲のいいゼミの皆で集まって宅飲みをすることにしました。

男女二人ずつの計四人で、鍋をしながら一緒に飲んでわいわいと楽しんでいたのですが、深夜を周り始めるとお酒もいい感じに回ってきて、皆で鍋を片づけて雑魚寝をする事になりました。

雑魚寝

皆で銘々の場所で転がって寝ていたのですが、結構その時期が冬の真っただ中でかなり寒かったんですね。

毛布だけで雑魚寝はちょっと寒かったのですが、その時に一緒に居た女の子が寒いと抱きついてきたんです。

割と、可愛い子でスタイルもよかったし、酔ってるのもあって此方もちょっと理性が緩まっており、抱きしめ返してしまいました。

全然抵抗がないから、もっといけるかなという感じでお尻を触ったりしてみたのですがそれでもやっぱり抵抗なし。

これは、このままいけると確信して相手のスカートの中に暗がりの中で手をいれてパンツの上からまんこなでなで。

すると、もうパンツの中で糸を引くほど濡れてて向こうも割とやる気だったのかな?

とそのままパンツを膝まで下ろして直接手マンをしたら此方にしがみついてきて、声を抑え始めたので、そのまま指を中に入れてくちゅくちゅと、かき混ぜてあげると腰をカクカクっと振って気持ちいいのを抑えているのがかなりエロ買ったです。

近くに人がいるのにセックス

近くに人がいるのにセックス

もう二人はそれぞれ雑魚寝のまま、特に身動きもなく起きる気配がなかったので、すぐそこにいるのにも関わらずそのままセックスを初めてしまいました。

スカートを前側だけ持ち上げて自分もズボンを腰のところまで下げてちんぽを出し、そのまま正面から側位で抱きしめるようにして挿入。

お尻をつかみ、離れないようにしながらスローセックスの要領でじっくりとおまんこを味あわせてもらいました。

近くに寝ているとは言え、同じゼミの仲間がいるのにも関わらずその中の一人とゴムもせずにセックスをしているなんて、日常の中にある非日常感がとても強くして興奮しましたね。

いつもよりも、こちらのちんぽは硬くなっていましたし、挿入してからも側位でしかも近くに人が寝ているからあまり激しくすることもできず。

ただその分じっくりと味わうようなピストンで犯してあげると、暗がりで目が慣れたのか相手の表情が見えたのですが、とろんとした完全に感じているメスの顔になっていましたね。

彼氏がいるゼミ仲間に中出し

しかも、更に興奮したのがそのゼミの女の子が飲みの中の話しでは彼氏がいるという事を聞いていた事でした。

普通に彼氏がいるのに、酔っているからと言って別の男に抱きついて、ほかの人がいるそばで生ハメを許すなんて、とんだエロビッチだな、と思いながらも寧ろそれが余計に興奮してお尻をにぎにぎしながら一番奥をゆっくりと舐めるように突いてあげると、両腕でしっかりとしがみつきながら声を我慢しているのがかなり興奮しました。

そのまま、外に漏れては困るのでたっぷりと中出しまでしてあげたら「彼氏より良かった…」と耳元で囁かれて余計に良かったですね。実は今も浮気相手としてセフレの関係を楽しんでいます。

出会い系サイト「ピュアアイ」のほうが

ピュアアイ

今回は実際に出会いがありそこからセックスに至ったのですが、正直セックスするなら出会い系サイトを使った方が早いです。ピュアアイというサイトが会えるし使いやすいですよ。

中学3年のときのレイコ先生との思い出

エロい先生

僕の思いでに残るエッチな体験談をご紹介します。

僕は中学時代には虐めにあっていました。

幼いころから内向的で友達も少なかったです。

多分、虐めの原因はそういったところにあったのでしょう。

そんな惨めな学校生活を送っていた中学3年生の春のこと

若い女性の英語の先生が副担任として赴任してきました。

モデルみたいに綺麗な人でした。

ちょっと気の強いところもありますが、性格もよかったです。

すぐにクラスの人気物になったのです。

先生の名前は仮名でレイコ先生とでもしておきましょう。

レイコ先生は虐められている僕を守ってくれたのです。

僕が不良に囲まれていたりすると割り込んで助けてくれたのです。

レイコ先生だけが僕に話かけてくれたと思います。

その年の夏の終わりのことです

次の日のPTA集会の準備を僕のクラスが担当することになりました。

放課後、掃除の時間が終わったらそれぞれが講堂に行きます。

パイプ椅子を並べる作業をするのです。

僕が掃除を終わって講堂に行くと最初のうちはみんなで準備していたのに、次第に僕の周囲から人がいなくなります。

最終的に講堂の中には僕一人だけがポツリと残された感じになったのです。

椅子並べが1/3位終わったころ

カットソーとジャージに着替えたレイコ先生が様子を見に講堂に着ました。

レイコ先生は他の生徒のことを聞いてきたので僕は事情を説明しました。

レイコ先生はとても怒って、残りの作業を手伝ってくれることになりました。

僕は嬉しくなりました

先生が僕のために怒りを感じてくれたり、ふたりで一緒にいられたりすることで舞い上がっていたのです。

作業中にレイコ先生が前屈みになるとカットソーの胸元が大きくあきました。

胸の谷間と白いブラジャーが見えたのです。

後にまわるとジャージに浮き出ているプリプリとしたヒップライン。

そしてウエストにはみ出す白いパンチラが近くでガン見することもできました。

レイコ先生の香水の良い匂いでクラクラしていました

パイプイスを取りに二人で暗い倉庫に入ります。

レイコ先生が棚の下の段のイスをとろうとします。

ヒップを突き出す格好になって僕は熱くなり、無意識にレイコ先生のアソコからお尻のワレメのあたりを手で触ってしまったのです。

レイコ先生は反射的にビクっとしたようです。

そして驚いた表情で僕のほうを振り向きました。

僕は頭に血が上って意識朦朧としながらレイコ先生に抱きつきました。

抵抗されたけれどレイコ先生の胸元から手を入れてオッパイを揉みました。

そして、レイコ先生を押し倒したのです。

レイコ先生は床に頭を打ったと思います。

レイコ先生は後頭部を抱えて苦しんでいました。

僕はレイコ先生のジャージとパンティを一挙に脱がしました。

レイコ先生の両脚を広げて股間に顔を埋めてクンニリングスをしてアソコをペロペロと舐めてみました。

初めてみる女の人のアソコ

少しグロい感じがしました。

独特の味と匂いがしましたがとても興奮した記憶があります。

レイコ先生のオッパイも見てみたくなりました。

カットソーとブラジャーを強引にめくり上げたときにレイコ先生と目があいました。

レイコ先生は怖い目をして僕をにらみつけました

思い切りビンタをされました。

けれども僕の前には大きく揺れるマシュマロのような柔らかい胸がありました。

柔らかい胸

僕はムラムラした気持ちを抑えることが出来ませんでした。

レイコ先生の目を見返しながら先生のたわわに実った乳房に手を伸ばしました。

レイコ先生は呆れた顔をしていました

溜息をついて横を向いてしまうレイコ先生。

僕は夢中でオッパイとアソコにしゃぶりつきました。

恥ずかしかったけど僕も短パンを脱いでペニスを手でかくし亀頭をレイコ先生のアソコに当ててみました。

ペニスはレイコ先生のヌルヌルしたワレメにニュルリと入りました

中は凄く温かくて柔らかでした。

ペニスがとろけるような感じですぐに中で爆発してしまいまいた。

そのことを知られるのがいやでレイコ先生にキスをしようとしました。

レイコ先生はそっぽを向いたままでした。

僕はこれで全て終わったと思いました。

エッチな体験談はいろいろありますがこれが一番の思いでです。

当ブログオススメのピュアアイというサイトを使ってのエッチな体験談も合わせてお読みください。

ピュアアイ 体験談